部活や他の習い事と並行して授業を受けやすい

都合のいい曜日や時間を選べる

子供は平日の昼間は学校に行って教育を受けます。授業自体は3時ごろに終わるので、何もなければ自宅に帰って自由に過ごすのでしょう。比較的自由時間がある子であれば一般的な塾のコースに入っても通塾に支障がなく、塾側が曜日や時間を指定したとしても問題なく通えるでしょう。しかし学校でクラブ活動をしている子や課外活動などをしていると忙しい日や帰りが遅くなる日があり、一般的な塾だと通えない日ができる可能性があります。個別指導塾は生徒側が都合のいい曜日や時間を選べる仕組みで、クラブ活動が無い日やクラブ活動が終わってからでも通える時間を自由に選べます。一般の塾だと塾の開始時間が気になってクラブ活動に集中しにくい時もありますが、個別指導塾ならそれもないでしょう。

授業が先に進まないので代替しやすい

一般的な塾は学力や希望の進路に合わせてクラスが決められます。クラスごとに曜日や時間、さらに授業のカリキュラムが決まっていて、勉強効果を得るには休まずに出席する必要があるでしょう。休むと先に授業が進んでしまいどんどん遅れてしまう可能性があります。クラブ活動など放課後が忙しいのであれば個別指導塾を利用するのが良く、理由として授業がどんどん先に進まない点が挙げられます。一般的な塾と違ってカリキュラムは塾側ではなく生徒が自分で考えます。もし忙しくて行けない日があっても、その日に受けるはずの授業は次の授業予定日に延びるだけです。塾によっては別の曜日や時間に代替してくれるところもあり、生徒の生活に合わせやすい仕組みになっています。

理解不十分の単元をそのままにしておくと、科目全体が苦手になってしまうリスクがあります。そのため中高一貫の塾では、中学でつまずいた単元を高校まで引きずらない授業が行われる傾向があります。

© Copyright Appeal Of Tutoring Schools. All Rights Reserved.